何が粉屋を怒らせたのか

 何が粉屋を怒らせたのか、ネロには本当のことは分かっていませんでした。ネロは、草むらでアロアの絵を描いていたことが、何かの理由でコゼツのだんなを怒らせたのだと思いました。そして、ネロのことが大好きだったアロアがネロに助けを求めて、ネロの手を取ってきたとき、ネロはとても悲しげに彼女に微笑み、やさしくア...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:00 pm  

コゼツのだんな

 コゼツのだんなは、とても心を悩ませながら家に入りました。その晩、粉屋は妻にこう言いました。「あの若者をアロアに近づけさせてはいけないよ。将来問題が起きるかも知れん。ネロは十五で、アロアは十二だ。ネロは、格好もよくて、なかなか美男子だからな」「それに、気だてもいいし、人を裏切らない子ですよ」 ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 09:00 pm  

木炭で二人の似顔絵を描いていました

 きれいななめらかな松の板に、少年ネロは、木炭で二人の似顔絵を描いていました 粉屋は立って、目に涙を浮かべながら似顔絵を見ていました。その似顔絵は、不思議なくらいアロアそっくりでした。粉屋は、一人っ子であるアロアを深く愛していました。 それから粉屋は、「お母さんがおうちで用があるというのに、こん...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 08:59 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0355 sec.

http://arikui.net/